浮気、不倫の現場証拠を必ず撮る探偵事務所

*

携帯電話の通話履歴から浮気の証拠を掴む

      2016/03/24

blog (1207)ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかむことが可能です。
携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとして使うのが当たり前だからです。近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をことも増えていますが、やはり好きな人の声を聴きたい、話したいと思う可能性は十分あります。

 

ふとした時に電話している可能性は十分考えられますね。相手に気づかれないで誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、しっかりした機材と技術が必要になります。

 

せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは残念ながら証拠とは言えません。浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型のカメラを用意するなどして覚られないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

 



しかしそのような場合でも、不倫をはじめるより前に、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、夫婦の関係が冷め切ってい立ときは、慰謝料を貰うことはできません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数など全体的にみて裁判官が判断します。しょっちゅう同じ電話番号からまた、掛けているまた電話をかけ直していたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのはとても高いと言えるでしょう。その後、その電話番号のもち主を割り出せますね。そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手との電話が終わったら通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

 

浮気の裏付けがSNSで掌握できることもあります。SNSだと誰の投稿か一見わからないのでついうっかりパートナーが、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事が多発しているように思われます。場合によっては、浮気を裏付けるような記載を記入している場合もあるのです。

 

相手のアカウントを知ることが出来るなら検索してみて下さい。
浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用は安くなりますよね。
ですが、いつ浮気をしているか知っているにしても、知人に相談して写真を撮ってくれることになっても、骨折り損になることは確実です。知られずに証拠写真を手に入れるには探偵を雇うのが賢明でしょう。レシートやクレジットカードを確認すると浮気を確定することもできるかも知れません。

 

まず、普段は入らないようなコンビニエンスストアの領収書をほぼ毎回見ることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。その場所でずっと見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかも知れません。探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればそれでおわりとは言えません。浮気を調査していると、トラブルが発生する可能性があります。
そんな場合には、まず依頼者の立場を一番最初に考えてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。探偵を信頼してもいいか判断するには、相談中の相手の印象を見るようにして慎重に判断する事を心掛けてちょうだい。不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は低いです。また、不倫の相手が浮気を否定するケースでは証拠が必要になります。

 

 

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が必要です。自分でいろいろするよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼して下さい。探偵におねがいすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。自分で手を尽くして調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

 

だからといって、パートナーを責めてみても、頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。

 - 浮気の真相