浮気、不倫の現場証拠を必ず撮る探偵事務所

*

海外出張中に妻が新居に男を連れ込んでの「同棲不倫」 – 【不倫、浮気のこんなケース】

      2016/03/24

世の中には、不倫に罪悪感をまったく感じない人もいるようです。

【不倫、浮気のこんなケース】
4ヶ月間、海外へ出張していたその間に、男を自宅に連れ込んで(それも新居!)同棲していたという不倫のケース。当然、離婚をしたそうですが。

 

しかも海外へ出張したのは新婚2ヶ月目とか!

 

夫28歳、妻(元)26歳は職場で知り合い結婚、しかし夫は会社でトラブルを起こし、海外勤務(出張)を命じられる(東アジアの国に飛ばされる)ことに。

奥さん(元)はこれがかなり不満ではあったようですが。長期出張の当初の1ヶ月間はメールが妻から毎日来ていたものの、次第にその頻度が少なくなり、そのうち夫が連絡をしても無視を決め込む妻。

これはどうにも怪しいと(誰でもそう思うでしょうが)感じた夫は兄弟に様子を伺ってもらうことに。そうしたら、案の定、奥さんが新居に知らない男と入っていくのを確認したといいます。




【妻の不倫】新居に間男を連れ込んで不倫同棲していた汚嫁と離婚
https://www.youtube.com/watch?v=Uxm_kWhHNq0

blog (1163)自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。
探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。
自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

しかし、相手を責めたてても頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件で離婚できないのです。そのため、確実な証拠というものが必要になるでしょう。探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。
テレビドラマだと尾行は大変沿うに見えないのですが、実際にやってみると沿う簡単ではなく、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるのでとても技術がいるでしょう。

こちらの行動がばれてしまったら、相手は手を打つので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。誤魔化せない証拠を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。

浮気を調査を依頼する時には、びっくりするするほどに低料金だったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が望まれます。他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうかお調べ頂戴。

 

違法調査を実施しているところへは依頼しない方が得策です。
飲食店などの領収証のけい載には飲食時の同席者の人数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気と判断する際の決定的な証拠となると思います。かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月ごとに確かめるようにします。シゴトで利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、同伴者がいた想像されてしまう事があります。

不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求する際には、相手の身元はおさえておかなければいけないのですし、複数回に渡る、浮気の証拠を掴まなければなりないのです。

貴方が、探偵に助けを求めるのならば、疑いようもなく誰にも認められる証拠を貴方に届けてくれますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、貴方の手に届けて貰えるでしょう。
成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間あったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査については成功ということになります。
浮気しているのかは分からないまま、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、結局は浮気の明確な証拠をつか向ことなく、調査についてはそこで完了し、成功報酬として料金を支払うのです。レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をみつけることもできるかもしれないのです。まず、普段は利用しないようなコンビニの領収書をほぼ毎回視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から行っている事になります。そこで逃さず見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれないのです。

不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談しましょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するべきです。もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいですよ。相談者が女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の場合、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありないのですが、噂のタネになりたくないなら、絶対にしてはいけないのです。

GPS端末は、車の目に触れないところに設置して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、今いる場所をモニターしたり、記録されたデータを後で読み出し調べたりします。あまり、車を運転しない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくことも出来るでしょう。これで相手がどこをどう移動して、滞在した時間も割り出すことが出来るでしょう。

尾行について時間による代金設定がされている場合、尾行時間が短い探偵の方が、費用が少なく済みます。よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃からパートナーの生活のパターンを調べておくことが重要です。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って探偵に尾行を依頼すると、探偵側も余計な手間がかからず、お互いにとってメリットがあるのです。

 - 不倫